求人情報や転職支援の事は転職ブログで=> 転職・就職情報商材 =>適性検査には思いつくまま答えてはいけない!適性検査の模範解答を端的に提示!

2008年12月11日

適性検査には思いつくまま答えてはいけない!適性検査の模範解答を端的に提示!

職務適性検査にありのまま答えてはいけない! 「何でも気軽に考えるほうだ」〔はい どちらでもない いいえ〕 就職・転職の第一次試験において課される適性検査とはこのように被験者の行動思考パターンを問う問題が約80〜120問程度出題される形式が一般的です。 このように設問の意図が見えづらく、また立ち止まって考える余裕も与えられていないないため、多くの人が出題者の意図どおり思いついた答えをそのまま回答しているのが実態ではないでしょうか。ありのまま回答し、その結果適性試験によって振るい落とされてしまったとき、職務能力検査(SPI2など)なら次回に向けて問題演習を行うなどの対策を講じることができますが、適性検査ではそれが不可能です。なにしろ自分の考えをありのまま表現して不採用となり、その上その理由が示されることはまずないのですから…。 本マニュアルではその“理由”に切り込みます。理由さえ把握できれば、たとえ設問の形式が多少変化しようとも、また回答時間に余裕がなくとも適切な選択肢を選ぶことはそう困難なことではないはずです。


就職適性検査攻略マニュアル
posted by アタル at 23:13 | 転職・就職情報商材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。